思わずクリックしたくなるタイトル 5連発

名古屋・岐阜のコピーライター小沢です。

 

ブログにしろ、ホームページにしろ、本文を読んでもらわなくては意味がありません。そこでカギになるのが、「どのようなタイトル」をつけるかです。タイトルが面白いか、そうでないか。

ほぼ3秒くらいで判断され、スルーされてしまいます。そこで今回は、ネットで定番のタイトル例をいくつかご紹介します。

 

■その1 「損をしない」を入れたタイトル

誰しも「損」をしくたくないと思うもの。そこで、その心理を利用したフレーズにします。たとえば、

 

「損をしない」初めての家づくり大公開!

 

「損をしない」以外にも「失敗しない」も同様に使えるフレーズです。

■その2 「法則」で気にさせるタイトル

「法則」というキーワードを入れることで、何か良い結果があるのではないかと思わせるタイトルです。たとえば、

 

賢く「お得に」家を建てる5つの絶対法則

 

これも定番として見かけますよね。ネットではだらだらと文章を書くより、端的に表現してあげるのが有効です。家づくりのコツがあれば、3つ、5つくらいにまとめます。それを「5つの法則」として公開するのです。

■その3 「否定」を入れたタイトル

人は好奇心の生き物です。特に「否定」されたものには、なぜだか興味を引きます。たとえば、

やってはならない! マイホーム計画の3つの落とし穴

もし、こう書かれたらどうですか?何をしたらいけないのだろうって、気になって仕方がないですよね。さらにポイントなのが「3つの落とし穴」のフレーズ。こう書かれていたら、具体的な項目を見たくなるはずです。

■その4 問いかけるタイトル

人は問いかけられると、答えを考える習性があります。そこでこの習性を活かしたタイトルにしてみるのです。たとえば、

ほんとうに「ZEH(ゼッチ)住宅」はお得なのか?

こう書かれたら、気になりますよね。特に常識を問うような内容だと、気を引く効果が高くなります。

■その5 「知ってましたか?」を入れる

その4の問いかけと同様です。とにかくタイトルに「知ってましたか?」を入れることで、気にさせるタイトルにすることができます。

知ってましたか? 1000万円で家が建てられる方法を。

この場合、大げさなネタでなくても、小ネタでも十分です。

 

さて、いかかでしたか?ここでご紹介したのは、ほんの一例です。上記の内容を工夫するだけでも、いろいろ展開できます。

最後に。クリックされるかどうかは、タイトル次第。単なる本文の要約ではなく、ちょっと工夫するだけで効果があります。ぜひトライしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

言葉の力をベースに、企業の効果的な宣伝を図るコピーライター&セールスライター。ニュースレターやランディングページ、メルマガなど使い、目先の集客ではなく、本当の意味でのファンづくりをサポート。