1000万円のリフォームを受注した理由とは?

工務店・建築業専門のコピーライター小澤です。

よくホームページで見かける「お客様の声」ってありますよね? サービスを利用したお客様、ご購入いただいたお客様などが写真付きのコメントで掲載されているページです。

実は私の仕事の一つに、その「お客様の声」の取材があります。メインの依頼主は、リフォーム会社や塗装会社。実際にご契約いただいたお客様宅まで出向いての取材と撮影、あとは掲載するための原稿を書いています。

これまで数多く取材してきて思うこと。それは会社が気づいていない「自社の魅力」をお客様から直接聞ける、ものすごいチャンスだということです。

通常、「お客様の声」は、サービスの信頼度を高めるために掲載するものです。そこで以下のようなこと取材します。

・いろんな会社がある中で、どうして選んだのか。

・何が決め手となって契約したのか。

・サービスを受けて、どう思ったのか。等

上記のことを聞きながら、「お客様の声」としてまとめていきます。つまり、これって「魅力のリサーチ」でもあるんですね。

お客様の声が直接聞けるのなら、もっと「自社の魅力」を探ってもいいんじゃないか。そう思うのですが、意外と依頼主さん、そこには気づいていないケースが多い。突っ込んで聞けば、「購入のきっかけ」など今後のマーケティングに使えるネタも引き出せるだけに、やらないのはもったいないです。

たとえば、過去の例でいえば、「1,000万円クラスのリフォームを受注」した件件があります。これも「お客様の声」の取材でわかったことですが、数あるホームページの中から問い合わせようと思ったのが、

「(リフォーム会社の)社長さんの写真が載っていたから」

という単純な理由でした。それでも結果的に「1,000万円クラスのリフォームを受注」につながったのですから、無視できない事実ではないでしょうか。

もし、あなたの会社が「お客様の声」を考えているのなら、ぜひ「リサーチ」も兼ねて取材してみることをオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

言葉の力をベースに、企業の効果的な宣伝を図るコピーライター&セールスライター。ニュースレターやランディングページ、メルマガなど使い、目先の集客ではなく、本当の意味でのファンづくりをサポート。