なぜ、工務店・建築会社の集客に、コンテンツマーケティングが向いているのか。

 

工務店・建築業専門のセールスライター&コピーライター小澤です。

 

価値あるコンテンツを提供することで、見込み客からの信頼を獲得していく「コンテンツマーケティング」。集客だけでなく、成約まで確実につなげたい工務店・建築会社におすすめのマーケティング方法です。

「コンテンツマーケティングのメリットとは?」…くわしくは、こちら。

 

どうして、工務店・建築会社にとって、コンテンツマーケティングがおすすめなのでしょうか。理由としては、コンテンツマーケティングは有益な情報を提供しながら、「見込み客」を育てることもできるからです。

 

99%の「見込み客」を「今すぐ客」へと育てる。

 

チラシやネット広告を使って、問い合わせや資料請求を募っても、成約に直結するのは「今すぐ客」は1%に満たないと言われています。

 

残り99%のお客様は、「そのうち建てたい」と思っている客層です。そこで、その「そのうち客」を刺激して、「建てたい」レベルまで押し上げる仕組みづくりが必要となります。

 

コンテンツマーケティングなら、優良な情報を提供しつづけることで、「今すぐ客を育てる」ことが可能。さらに、見込み客からの信頼を獲得することで、「あなたの会社で建てたい」と指名される確率が高くなります。

 

具体的には、どんな情報を提供すればいいか。

 

工務店や建築会社(ビルダー)として、家づくりのノウハウ、ローン活用ノウハウなどの情報を、ホームページやブログで公開し続けていくことです。

 

つまり見込み客が「知りたい!」「見たい!」と思えるコンテンツ(情報)を公開すること。家づくりへの理解を深めるとともに、購入意欲の向上をめざします。

 

心がけたいポイントとは

 

「求められている情報」を提供する

コンテンツマーケティングで心がけたい点は、「伝えたい情報」ではなく「求められている情報」を提供すること。この場合の「伝えたい情報」とは、自社の特徴やメリットなどです。

 

読み手である「見込み客」が欲しいのは、何よりも役立つ情報。だから先に提供するのは、「求められている情報」であることが大事です。

 

有益な情報を提供しつづければ、自社に対する信頼感や親近感を持っていただくきっかけになります。結果、自社のサービスへと関心を持っていただくことにつながるのです。

 

最後に。

 

もし、自社のサービスに自信があるのなら、コンテンツマーケティングは有効な手段になります。自信があるからこそ、有益な情報が提供できるという証拠にもなりますから。

 

ぜひ、どんどんホームページやブログなどで、有益な情報を発信し、「そのうち客」を育てていきましょう。

ご相談・ご連絡は、こちらをクリック

 

ABOUTこの記事をかいた人

言葉の力をベースに、企業の効果的な宣伝を図るコピーライター&セールスライター。ニュースレターやランディングページ、メルマガなど使い、目先の集客ではなく、本当の意味でのファンづくりをサポート。