NHKに、驚きました。

 

どーも。名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。

 

先日の土曜日のことです。

 

民放で何も面白い番組がやってなかったため、気まぐれにリモコンでNHKを選んだ、そんなタイミングでした。

 

するとどうでしょう。テレビから映し出されたのが、あの高須クリニックのCMではありませんか!

 

ドバイ風な景色をバックに、空を滑空するヘリ。

その中でアラブ人らしき人と、談笑する劇団ひとり。

 

あれ、NHKだったっけ? いやいやNHKだ。よく見てみると、「コントの日」という番組らしい。なんてことはない。高須クリニックのCMといっても、劇団ひとりが演じる、明らかにパロディーだったんですね。(笑)  とは言え、

 

民放のCMパロディを、NHKがやるなんて!!

 

と、小さな驚きがありました。ちなみにCMパロディは、ハズキルーペもやってました。つくづくNHKも、やるもんだなあと感心しきり。

 

そのままそのままの流れで、「コントの日」を続けたんですが。するとどうでしょう、斬新ではないけれど、割と面白いコントの連続。それも長めなコントで構成されていました。

 

見ていて思ったのが、まるで80年代あたりのコントを見ているような感じかな。

 

ここ最近、民放ではコントといえば、5分とか10分とかの短いコントが主流な印象です。そのせいか、久しぶりに長めのコントを見るのは、なんとなく落ち着いて見れたっていう感じもありましたね。

 

正直、民放はどこの番組も、どのチャンネルをひねっても、似たような企画が多いような気がします。そんな中で、今回の「コントの日」は、内容自体は斬新ではないけれど、私には新鮮に映りました。

 

きっと、NHKだから新鮮に映ったのかな。

 

NHKってお堅いイメージがある。だから、そのイメージをちょっと崩すけで、画期的に見えたりするってことかも。

 

私個人の感想ですが、意外とNHKって「おもろしいやん」という印象があります。個人的に好きなのは、すぐに思い出すところでは、

 

「にほんごであそぼ」
「72時間」
「SWITCHインタビュー 達人達(たち 」
「チコちゃんに叱られる!」等々

 

そういえば、「モーガン・フリーマン 時空を超えて」という番組は、科学ドキュメンタリーなのに超常現象のような話をしてた記憶があります。こんなの民放でやったら、絶対視聴率かせげないだろうなって内容でした。

 

スポンサーに関係なく、NHKだからでることをやる。

 

まあ、私が受信料を払う気になれるのは、そこかな。(笑) それに今の民放よりかは、全然おもしろいと思いますけどね。

ABOUTこの記事をかいた人

言葉の力をベースに、企業の効果的な宣伝を図るコピーライター&セールスライター。ニュースレターやランディングページ、メルマガなど使い、目先の集客ではなく、本当の意味でのファンづくりをサポート。